ブログ

今日の稽古では


①短刀さばき

②片手持ち小手返し

③片手持ち四方投げ

④呼吸動作


を行いました。

片手持ちの小手返しは、相手に手首を握られた状態から始めました。

今回は小手返しの応用で、掴み方を普段の小手返しとは

違うもち方で行いましたので、まずは形を覚えてもらいました。

力まず、力をぶつけずにかけることに重きを置きました。


片手持ち四方投げは、基本の型になります。

足の運びや、手の持ち方を確認しながら稽古しました。

本日の合気道稽古(月曜日)

本日は構えからの1〜10本目迄行った後、

11本目の極め方を、形を行った後、イメージを

使って極める方法を行いました。形をしっかり覚えた後

にイメージをプラスするとやりやすくなります。

その後、短刀の裁きを行いました。

稽古後は、気になるところを稽古されていました。

本日の合気道稽古(日曜日)

本日は、はじめに短刀の捌きを行いました。

次に、掴みからの押し倒しを行いました。

掴みからの体の動かし方を使って、突きの形から

押し倒しを行いました。突きははじめは突ききった形から

慣れてきたら、実際に突いて来るのを捌いて押し倒しを

行いました。

その後、後ろ両手取りからの三教、

突きの裁きから崩し迄、掛かり稽古

最後に呼吸動作を行いました。

稽古後は、皆さん気になることを復習されていました。

本日の合気道稽古(土曜日)

本日は、17本のうち1〜3本目を構えから

行いました。新しい方もいらっしゃるので

経験者の方も含めて、基礎の部分をしっかり

行っていきました。その後、短刀の捌き

を行いました。本日は、基礎に時間をかけた

ので、短刀の捌き迄と成りました。

稽古後に時間のある方と呼吸動作を行いました。

今日の稽古では


①三教

②引き倒し(基本の形17本の8本目)

③転回小手捻り(基本の形17本の13本目)


を行いました。

三教の稽古の後、応用として、連行法も行いました。

一心館はあまりきつく関節は極めませんが、

連行法については、基本的には手首が悲鳴を上げる技でしたので、

皆さんでお互いに少し痛い思いをしながら取り組みました。


基本の形も習熟度に応じて、

形を確認したり、技の質を高めたりとポイントを

個々に持ってもらって稽古に取り組みました。

本日の合気道稽古(月曜日)

本日は、普段稽古されている方は、基本の8〜10本目.

その後、1〜6本目を、初心者の方は1〜2本目の復習を

行いました。

その後の3本目をみんなで行いました。

改めて、姿勢、目線に注意しながら行いました。

その後短刀の捌き、呼吸動作を行いました。
 
稽古後は、稽古の復習をされていました。

本日の合気道稽古(日曜日)

本日は、初心者の方には、基本17本の1本目、2本目を

構えから行いました。

経験者は、古流第三の形立技1本目、3本目を行いました。

経験者の方も古流の形は初めてなので、手順を追いながら

形を行いました。

最後に、呼吸動作を行いました。

稽古後は、普段行っている掛かり稽古を有志の方が行って

いました。その他、今日やった形を単独動作で復習


される方がいらっしゃいました。

本日の合気道稽古(土曜日)

本日は、基本の17本のうち1、2本目を構えから

行いました。はじめは技を掛けるよりも、姿勢や技の動き方を

ゆっくり行うのが大事です。

その後、短刀の捌きを行いました。

最後に呼吸動作を行いました。


稽古後は、皆さん気になるところを稽古されていました。

今日の稽古では

・腕返し
・引き倒し
・片手持ち押し倒し

を主に行いました。
手や足をどう動すかの基本の動きを覚えることに重きを置き、
稽古を行いました。
初段以上のメンバーにはイメージの使い方や脱力といった点に
意識を置いてもらいながら稽古をしました。

姿勢が整い、力を発揮しやすい動きをいろいろな技を通して見つけてもらいたいと思います。

本日の合気道稽古(月曜日)

本日は、基本17本の内、1〜10本目迄、構えで行いました。

新しく入った方は構え、1本目をお伝えしました。

その後、古流第三の形の立技2本目を行いました。

普段とは違う形なので、一つひとつの動きを確認

しながら行いました。

次に短刀の裁き、最後に呼吸動作を行いました。

稽古後はご自分課題の稽古をされていました。


本日の合気道稽古(日曜日)

本日は、普段の17本とは違い、座技の1本目を

行いました。正座した状態から始めるので、普段

行っている膝行を使いながら行います。

相手の正面打ちに対して、怖がらずに静かに入る

ように稽古します。

その後、久しぶりの方、見学の方がいらっしゃったので、

後ろ両手取りから崩して三教を掛ける技を稽古しました。

次に、短刀の捌き、掛かり稽古、

最後に呼吸動作を行いました。

稽古後は皆さん課題を稽古されていました。

暑いので、適宜水分補給、休憩を入れながら

稽古しました。

本日の合気道稽古(土曜日)

本日は、基本の17本の1本目(正面当て)を行いました。

基本の構えから行いました。

下から手を上げて相手を崩すときに、技を掛けようと

すると体が突っ込んでしまいぶつかってしまうので

はじめは型通りに行うことが大事です。

その後、護身の技で、横から肩を掴まれたところからの

三教、体の抜き方を行いました。

その後、短刀の捌き、最後に呼吸動作を行いました。

皆さん良い汗をかきながら稽古されていました。

水分補給や適宜休憩をはさみながら集中して稽古出来ました。

今日の稽古では

基本の形17本の腕返し(7本目)

を行いました。


まずは投げる形の確認として、倒すときの手極め方を確認しました。


次にお互いに構えた状態から技に入る基本の型を行い、最後に応用として、仰向けに倒した相手を、うつ伏せにして抑え込む稽古をしました。



本日の合気道稽古(月曜日)

本日は、基本の17本の1〜10本目迄復習で行った後、

17本目を形に沿って行いました。

その後二教をS字ををを使うのと、胸ぐらを掴まれた

ところから掛ける稽古を行いました。

本日の合気道稽古(日曜日)

本日は、基本の17本の1〜5本目を復習した後、

6,7本目を形を丁寧に行いました。

その後、短刀の捌きを突きと、袈裟斬りを捌く稽古を

行い、その後、短刀の突きからの掛かり稽古を

行いました。パンチは顔(稽古では胸)を狙いますが、

短刀の場合は、お腹の高さなので、しっかりと体捌き

を行ってから技を掛けるのが大事です。

最後に呼吸動作を行いました。

稽古後は、個人の課題をそれぞれ相手を見つけて

稽古されていました。

本日の合気道稽古(土曜日)

本日は、見学・体験の方がいらっしゃったので、

はじめに、後ろ両手取りの崩しを行いました。

崩しをやろうとすると力が入りやすいので、

イメージを使って崩すやり方を行いました。

その後、前から片手を持たれたときの崩しを行いました。

次に、会員の皆さんは10本目(脇固め)を構えから、慣れてきたら

突きから行いました。

体験の方には、技の形になったときに、力とイメージそれぞれ

抑えられたときにどう違うかを体験していただきました。

その後、短刀の捌き、呼吸動作を行いました。

気温が高くなり、空調を入れても汗が止まらない季節

になってきましたので、適切な水分補給を行いながら

集中して稽古しました。

本日の合気道稽古(月曜日)

本日は、、基本の17本の内、1〜10本目迄行った後

16本目(隅落し)を形から行いました。

足の運び、手の取り方、振り下し方をひとつ一つ

丁寧に行いました。

その後、突きに対し基本の間合いを使って捌いて

入るやり方を行いました。

最後に呼吸動作を行いました。

湿度が上がり、汗もかきやすくなってきました。

水分をしっかり摂りながら稽古を行いました。

本日の合気道稽古(日曜日)

本日は、8〜10本目迄を突きからの基本、応用

を行いました。突きに対してなので相手も動いて

いるので、捌きと間合いを保ちながら技を行う

ように稽古を行いました。

その後、短刀の捌きを「突き」「袈裟斬り」が来るのを

捌く、その後、捌いてからの掛かり稽古を行いました。

最後に、座技の1本目を行いました。

初めて行う方もいらっしゃったのでゆっくり形を覚えながら

行いました。

稽古後は、皆さんそれぞれ課題を稽古されていました。


本日の合気道稽古(土曜日)

本日は、基本の8本目(引き倒し)を

基本の構えから、突きからの間合いを取って

突きから一呼吸で行う方法を行いました。

その後、短刀の捌きを、突きと袈裟から切ってくる

のを捌く方法を行いました。

短刀の捌きは体が引いてしまうと攻め込まれて

しまうので注意が必要です。

稽古後は、残って課題を稽古されていました。


今日の稽古では
①基本の形17本の6本目(押し倒し)
②片手持ち押し倒し
③呼吸動作

を行いました。
まずは基本的な手の持ち方、足の動かし方を確認しました。
ある程度、慣れた方は、受けの人にあえて力を入れてもらって(限られた条件で抵抗して)、技をかけることに挑戦しました。


本日の合気道稽古(月曜日)

本日は、基本の1〜5本目の当て技について、当てるときに

イメージを使う稽古を行いました。

次に、15本目(前落とし)を構えから行いました。

四方投げの崩しの部分をしっかり行った後、相手を崩す時に

ぶつけないようにイメージして稽古を行いました。

その後、短刀の捌き、捌いてから技の入り迄行いました。

最後に呼吸動作を行いました。

本日の合気道稽古(日曜日)

本日は、二教をS字を使って行うやり方、

胸ぐらを掴まれたところから行うやり方、

を行った後、13本目(転回小手ひねり)を

構えから、突きから、突きを崩してから

を行いました。

その後、短刀の捌きを行った後、

最後に呼吸動作を行いました。

呼吸動作は、通常正座で行いますが、

正座がきつい方には、立って行っていただきました。

稽古後は皆さん、方にはご自分の課題を行っていました。

湿度が高いので、集中力を保つのが大変ですが

皆さん楽しんで稽古されていました。

本日の合気道稽古(土曜日)

本日は、基本の17本の5本目(後ろ当て)

を行いました。

①はじめは構えから、次に

②突きに対して、十分間合いを取って捌いてから、

③突きに対して、入身をしながら捌いて相手の裏へ入って

という形を稽古しました。

段々と相手の動きに対して、近距離になっていくので、

そこで自分を崩さずに入ることが大切です。

掴みからの押し倒しを行いました。

最後に呼吸動作を行いました。

今日の稽古では

基本の形17本の

①後ろ当て(5本目)

②小手返しの極めの部分

③呼吸動作

を行いました。


後ろ当ては、基本的な動き(足運びや姿勢)を確認しました。

小手返しは、極め(投げる)部分を手の持ち方から確認しました。


小手返しについては、まずは(痛めつける必要はありませんが)しっかり手首の緩みが

取れた状態になっているどうかを確認する大切だと思います。

形を押さえて、その次の段階として、重みをかけて投げることを意識する...というような段階を踏んだ練習をすると理解もしやすいかと思います。

本日の合気道稽古(月曜日)

本日は、構えから基本の1〜10本目迄行った後、

14本目(四方投げ)を細かく行って行きました。

手の取り方、崩す方向、転回時の姿勢などを

確認しながら稽古を行いました。

その後、短刀の捌き、短刀の捌きから掛かり稽古

最後に呼吸動作を行いました。


稽古後は皆さん気になるところを稽古されていました。

本日の合気道稽古(日曜日)

本日は、17本の1〜3本目を、突きから基本通り

捌いて掛けるやり方と、突きに対して「一の間」で掛ける

やり方を稽古しました。「一の間」で掛けるときも、姿勢を

維持して行う事が大事です。

次に掴み(右を右で掴む)から入身転回して相手を回す稽古を

行ったあと、そのイメージで押し倒しの裏を行いました。

その後、突きからの掛かり稽古、呼吸動作を行いました。


だんだん汗のかきやすい季節になってきたので、水分補給を

しっかりしながら稽古を行いました。

稽古後は皆さん気になるところを稽古されていました。

本日の合気道稽古(土曜日)

本日は、基本17本のうち経験者の方は、6~8本目を突きからで行う稽古をしました。

相手の突きから始まるので、間合いの作り方が大事になります。

また、技を掛けようとする前に、しっかり捌かないと突きにあたってしまいます。

基本で行っている動きが出来るかの確認になります。

技をおぼえる段階の方は、構えから3、4本目を行いました。

その後、全員で短刀の捌き、短刀突きからの掛かり稽古(初心者の方は1~4本目の入り迄)

を行いました。

最後に呼吸動作を行いました。

稽古終了後は、皆さんそれぞれの課題を稽古されていました。

今日の稽古では

基本の形17本の正面当て(1本目)と相構え当て(2本目)を

行いました。


基本的な動き方を確認し、

形を覚えている方たちには、

ただ押し込むだけではなく、

イメージや触れ方も意識してもらいながら

稽古してもらいました。

本日の合気道稽古(月曜日)

本日は、基本17本の1〜10本目を構えから復習したあと、

13本目(転回小手捻り)を細かく行いました。

先ずは足の運び方を中心に、次に手の取り方を中心に

行いました。ある程度形が出来てきたら、イメージを

使って行いました。

次に短刀の捌きを行い、捌いた後すぐに当身技に入れる

ように稽古を行いました。

最後に呼吸動作を行いました、

本日の合気道稽古(日曜日)

本日は、久しぶりに黒帯のみの稽古となったので、

パンチの捌きから行いました。ワンツーに対して、大きく動いて捌くのではなく

小さく動いて捌く稽古を行いました。

その後、捌きを行いながら相手に攻め込まれないように、しっかりガードを行う稽古を行いました。

ある程度早いパンチを捌く稽古を行うと、目が慣れてきます。

その後、パンチからの掛かり稽古を行いました。

最後に呼吸動作を行いました。

本日は黒帯同士での稽古でしたので、技を掛けあいながらお互いの気になるところを伝えながら稽古しました。

本日の合気道稽古(土曜日)

本日は、基本の17本を覚えている方は、突きからの

1〜5本迄を繰り返し行いました。

これからの方は基本の構えから1,2本目を行いました。

その後、掴みからの押し倒しを全員で行いました。

次に黒帯突きからの押し倒しを行いました。

最後に呼吸動作を行いました。

稽古後は皆さんご自分の課題を稽古されていていました。

今日の稽古では

①基本の形17本の11本目

②基本の形17本の12本目

を行いました。


準備運動後の受け身では、慣れない方も多かったので、

畳に座った状態からコロコロと行う、

体に負担の少ない形から練習できるように行いました。


基本の形は極めの部分に重きを置きつつ、

大まかな型の動きを確認しました。


慣れている方たちには、脱力やイメージを意識して稽古してもらい、

まだ入会したての方には、形を覚えるところを意識してもらいました。


本日の合気道稽古(月曜日)

本日は、構えから基本の17本の内、1〜10本目

を復習した後、11、12本目を行いました。


その後、短刀の捌きを

①体捌きのみ②外側の腕を使って③内側の腕を使って

行いました。また捌いた後に体が崩れないように、

体の正面をうまく使う稽古を行いました。


本日の合気道稽古(日曜日)

本日は、基本の17本の1〜6本目迄を構えから行った後、

短刀の捌きを、①体捌きのみ②体捌き後腕を付けて行いました。

次に短刀の掛かり稽古を1〜6本目迄の技を使って行いました。

最後に、呼吸動作を行いました。


稽古後は皆さん気になるところを復習されていました。

本日の合気道稽古(土曜日)

本日は、崩しの上段を「体の使い方」「イメージの使い方」

をそれぞれ行いました。

その後、基本の1.2本目を動きを入れて行いました。

始めはゆっくりと相手が正面当てに来るところを捌いて

技を掛ける。なれてきたら少しずつスピードをあげて

行いました。

構えからのときは、相手が止まっているので、自分から

近づきますが、相手が近づいて来るので間合いをしっかり

保つことが大事になります。

その後、担当の捌き、呼吸動作を行いました。

今日の稽古では

①捌き

②小手ひねり(基本の形17本の11本目)の極め

③小手返し(基本の形17本の12本目)の極め

を行いました。


捌きの稽古では布の短刀を使い、足の動き方を確認しました。

小手ひねりと、小手返しは初めての方たちにはどうすれば痛くかけることができるかをお伝えし、慣れた方には脱力、重さやイメージを使って柔らかい技を探求してもらいました。

今日の稽古では

①上段の崩し(合気上げ)
②片手持ち二教

を主に行いました。
上段の崩しは両手持ち、片手持ちの状態から
崩しをかける練習をしましたが、
かけるときには自分の力みの確認や
イメージの使い方も大切にしました。

二教は崩し、うつ伏せに抑え込むところまで
段階を踏んで行いました。
受け手を崩す(手首を極める)際には
顔を引っ掻くようなイメージを強く持ってもらいました。

本日の合気道稽古(日曜日)

本日は、始めに両手持ちの崩しから行いました。

次に、片手持ちの上段の順手、逆手を

崩し方をイメージを使うやり方と、

形を使ったやり方を行いました。

その後、中段の崩し順手を行った後、その崩しを使って

押し倒しを行いました。

その形を使って突きからの押し倒しを行いました。

担当の捌き、出来る方は担当の捌きから技を行い、

最後に呼吸動作を行いました。

稽古後は皆さんご自分の気になるところを復習されていました。

本日は体験の一緒に稽古されて

楽しんでいただけたようです。

本日の合気道稽古(土曜日)

本日は17本を構えから行った後、

上段、中段の崩しを行った後、掴みから崩して17本の技に

つなげる稽古を行いました。

初めは「どちらで掴ませるか」「どの技を掛けるか」

を決めて行い、その後、出した手をランダムに掴んでもらい

そこから技につなげる稽古を行いました。

次にパンチに対しての掛かり稽古、

最後に呼吸動作を行いました。

今日の稽古では

①短刀のさばき(二人組)
②隅落とし(16本目)
③引き落とし(17本目)

を中心に行いました。
短刀さばきはしっかり足運びで避ける意識を持ってもらうことに重きを置きました。
隅落とし、引き落としは、お互いに構えたところから始めました。持ち方や足の運びを確認しながら、形を覚えることから始めました。

本日の合気道稽古(月曜日)

本日は、上段の崩しを形から行いました。

その後、イメージを使って崩す方法を行いました。

初めは止まった常態から、慣れてきたら掴みに来るところ

を上段に崩す稽古を行いました。

次に上段の崩しから掴み返して、四方投げの

崩しを行いました。

掴みから突きに変えて同じ技の稽古を

行いました。

最後に呼吸動作を行いました。

本日の合気道稽古(日曜日)

本日は、崩しの導入部分を行いました。

上段、中段、下段と、掴ませた状態から、手だけでなく

足も使って相手を崩す形を行いました。

その後、突きの捌き、片手を出した状態から

相手が手首を掴んで来たら、すぐに崩しの形に

持って行く稽古を行いました。

最後に呼吸動作を行いました。

稽古後、初段審査を行いました。

とても集中されていて、良い審査会

となりました。見学された方も、何か感じて

いただけたと思います。


本日の合気道稽古(土曜日)

本日も月曜日と同じ両手持ちの上段の崩しから行いました。

右手に対して、右手で掴まれたとき、左から掴まれたとき

をそれぞれ行った後、中段の崩しを行いました。

中段は足の運びと手刀をしっかり立てるように行います。

その後、中段の崩しから二教、押し倒しを行いました。

本日は崩しの部分を取り上げての稽古となりました。

本日の合気道稽古(月曜日)

本日は両手取りの上段の崩しから行いました。

①両手を掴ませた状態から崩す。

②片手を掴ませた状態で、両手をあげて崩す。

③片手を掴ませた状態で、片手をあげて崩す。

この①〜③を行い、感覚が同じように崩す稽古を行いました。

次に、6本目の押し倒しを行いました。

その後、突きから捌いて1〜4本目の技の入り迄を行いました。

最後に呼吸動作を行いました。

今日の稽古では

①四方投げ
②押し倒し

を行いました。
四方投げは、片手を掴まれた場合とパンチを打たれた場合の
2つのパターンを行いました。
押し倒しは、構えあって基本の形を行いました。

どちらの技も、形(基本的な動き)を中心に稽古し、
動きに慣れている方は自身の力みに気付けるよう、
イメージをしっかり持つよう意識してもらいました。

21日(日)は初段審査があるため、受ける方は
特に緊張感を持って稽古されていて、こちらも刺激になりました。
ぜひぜひ審査を受ける方たちには頑張っていただきたいと思います。

本日の合気道稽古(日曜日)

本日は技の稽古の前に行う一教運動運動を改めて行いました。

腕をあげておろす動きを運足の前後を行いながら行いました。

その動きが、6本目に繋がって行きます。

腕の曲げ伸ばしで相手を崩すというより、足の運びで相手を崩し、腕の上下の

押し倒しの形になります。

その後、初心者の方は突きの捌き、経験者は掛かり稽古を行いました。

最後に呼吸動作を行いました。

稽古後は、皆さんご自分の気になるところを復習されていました。

本日の合気道稽古(土曜日)

本日は、上段の崩しの表を行いました。

崩しは技と少し感覚が違い、相手に掴ませたところから

始まります。動きがシンプルなのでゆっくり動いてじっくり

行うところから始めます。

その後、8本目(引き倒し)を少し応用させた掛け方を行いました。

基本とは少し動き方は違いますが、基本のエッセンスを残して

行います。技を掛けようとしすぎないところがポイントです。

その後掛かり稽古を行いました。

掛かり稽古では技を掛けた後にしっかり残心を取って隙を

作らないように行います。

最後に呼吸動作を行いました。

呼吸動作では、掴まれる前の状態が重要です。
本日は普段技の稽古の前に行う転回の動きを丁寧に行いました。

先ずは、直線上をブレずに動きます。また転回した時に体が後ろに

傾かないように目線を前に向けます。

次に、相手に突きの形を取ってもらい、そこに入身で入って、自分が

転回することによって相手が自然についてくるように動きます。

最後に転回入身投げを行いました。

その後、呼吸動作を行いました。

また審査を受ける方は、審査内容の稽古を行いました。

本日の合気道稽古(月曜日)

本日は、技の稽古の前に行う「一教運動」を改めて動きや目線等を意識

して行いました。さらに木刀を使って一教運動の動き

を行い、細かい動きを確認しました。

その後、6本目(押し倒し)を行い、技に繋げるように


行いました。

その後、正面当ての形で相手が出くるのを捌いて1〜4本目の入り

の稽古を行いました。

最後に呼吸動作を行いました。

本日の合気道稽古(日曜日)

本日は普段技の前に行う転回の動きを使って、片手持ちから入身して

転回する動きを稽古しました。相手を回そうとするより、相手に

寄り添って静かに動くイメージをしながら行いました。

また、下段の逆手の崩しから、静かにに転回する稽古を行いました。

その後、突きの形から入身の動き、実際に突きからの入身の稽古

最後は転回入身投げの形まで行いました。

その後、突きの捌き、が掛かり稽古、呼吸動作を行いました。


稽古後は、皆さんそれぞれの気になるところを復習されてました。

本日の合気道稽古(土曜日)

本日は、17本の単独動作の稽古の後、7本目、8本目を左側のみで

行いました。7本目は腕を返す時に円をイメージして行う

8本目は相手を引き崩した後、相手を下に崩す時に畳に手を触れる

イメージを使う稽古でした。

その後、かかり稽古を行いました。かかり稽古では、

技をかけた後に気を抜かないように行いました。

最後に呼吸動作を行いました。
今日の稽古では

押し倒し(基本の形17本の6本目)

を主に行いました。

初心者の方は形から覚えていただきました。

慣れてきた方は脱力の確認から始め、

パンチに対しての練習まで行いました。


✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩

慣れないうちは怪我の無いよう、無理の無いように
参加してもらっています。

運動経験の無い方でも自分のペースでできる
コースを目指しています。
(一般コースも未経験者を歓迎しています)

本日の合気道稽古(月曜日)

本日は、普段技の稽古の前に行う「船漕ぎ運動」を改めて行いました。

船漕ぎの動きが相手に伝わるように姿勢を崩さずに行いました。

相手に手首を掴んでもらい、その状態で自分が崩れずに相手を動かせるか

を確認しました。また、手首を掴まれた状態で、運足で後ろに進んだ時に、

自分が崩れないかを確認しました。

その後、単独で行っている転回の動きを手首を掴まれた状態から転回できるか

確認しました。

その後、突きから1〜4本目の技の入りの稽古、呼吸動作を行いました。

本日の合気道稽古(日曜日)

本日は、1〜4本目を構えから行いました。

ある程度形を覚えて来たら、色々な方と組んで回数を重ねて

稽古することで、技の感覚を養うことができます。

その後、捌き、かかり稽古、呼吸動作を行いました。

稽古後はそれぞれの課題を行っていました。

本日の合気道稽古(土曜日)

本日は、17本の形の動きを1〜17本目迄単独で行った後、

11本目、12本目の動きを細かく見ていきました。

その後、崩しの表、上段と中段を行いました。

その後、かかり稽古、呼吸動作を行いました。

稽古終了後、1〜17本迄突きからの動きを確認しました。
本日の稽古は
①下段の崩し
②下段当て
③小手捻り
④呼吸動作
を行いました。

下段の崩しは、片手持ちから始めて、取り(掛ける側)の脱力の確認やイメージの仕方に重きをおきました。
下段当て(17本の4本目)と小手捻り(17本の10本目)は型にそって基本的な動きを確認しました。

4月に審査を受ける方は②の後から別メニューで審査の内容の練習を行いました。

本日の合気道稽古(月曜日)

本日は稽古は基本1本目から4本目までの当て技と6本目押し倒し。
最後に短刀捌きからのなんでもよいので技の入りだけ稽古しました。
稽古終わりには崩しの居残り練習。DSC00023.JPG

本日の合気道稽古(日曜日)

本日は、基本の17本を普段とは逆の順番で、17本目から

初めて行きました。

初心者の方には、1〜3本目の復習と、4本目の入り迄を

稽古しました。

その後、パンチの打ち方、捌き、かかり稽古を行った後、

呼吸動作を行いました。

色々な方と組んで稽古することで、自分の間合いを

つくれるようになっていければと思います。

本日の合気道稽古(土曜日)

本日は、一心館の初期の頃からいらっしゃった方に

お越しいただいて、普段あまり行わない太刀の稽古

を行いました。

太刀の使い方と体術は繋がっているので、そこを頭に

置きつつ、稽古を行いました。

普段とは違う動き方もあり、興味深く、楽しい稽古

となりました。

本日は、崩しの稽古を行いました。上段、中段、下段の表、

上段の裏迄行いました。崩しは相手に手首を掴ませた状態から

行うので、掴ませたところを意識せずに形通り動けるように

稽古を行いました。

その後、かかり稽古、呼吸動作を行いました。

本日の合気道稽古(月曜日)

本日は、運足・単独動作を形を整えながら行った

後、1〜5本目迄、左右単独動作を行った後、

組んで、1〜5本目迄行いました。

相手がいても、自分の姿勢を崩さずに形を行うこと

を大事にして行いました。

その後短刀の捌き、最後に呼吸動作を

行いました。

本日の合気道稽古(日曜日)

本日は、初心者の方には、構えからの1〜3本目の形を

繰り返し行いました。

初段審査を控える方は、黒帯乃木坂方と審査に向けての稽古

を行って頂きました。

その後、皆で、初心者はパンチに対しての目慣らし、

経験者はかかり稽古を行い、最後に呼吸動作を行いました。

本日の合気道稽古(土曜日)

本日は、基本17本の単独動作を左右行った後、

経験者は組んで、17本を行いました。

今日はいつも1本目から行っていますが、17本目から

行っていただきました。

初心者の方には、1本目、2本目を行いました。

ある程度稽古した後、一人ずつ皆の前で技を掛けて

もらいました。他の方の動き方を見ることで、

自分で技をやる時の注意点や気付きが見えてきます。

最後に、呼吸動作を行いました。

本日の合気道稽古(月曜日)

本日は、運足の足の運びを改めてしっかり行った後、

基本の17本を単独動作で行った後、

11本目、12本目の手の取り方を繰り返し行い、

足捌きと手の取り方が一致して動けるように行いました。

最後に、呼吸動作を行いました。

本日の合気道稽古(日曜日)

本日は、新規で入会された方もいらっしゃるので、

改めて、運足の時の注意点、構えの姿勢を見直した後、

経験者は、17本の基本の形を単独動作で左右行った後、

組んでから構えからの17本、初段に向けて稽古されている

方は、突きからの17本を行いました。

その後、新規の方は突きの捌き、経験者は突きからの

かかり稽古、最後に呼吸動作を行いました。

後は皆さんそれぞれの課題を稽古されていました。

本日の合気道稽古(土曜日)

本日は基本の17本の単独動作を行った後、

一人で動いた時に相手のイメージが上手く掴めない

技、普段行っていて、左右差があるものを中心

に行いました。

9本目は相手の腕の位置、足運び、

11本目は手の取り方、返し方、足運び、

14本目は体の向き、足運び

を中心に行いました。

その後、10本目を突きから色々な捌き方で

技を掛ける稽古を行いました。

稽古後は、初段審査を受ける方と崩しの稽古

他の方は手首を掴まれてからの技等を試されて

ました。

今日は習熟度別に2つのグループに分け、それぞれで稽古を行いました。

1つは4月の審査に向けて、審査内容を練習するグループ。

もう1つは通常通りの稽古のグループです。


通常通りの稽古の方は

①片手持ち二教

②三教の極め

③正面当て(基本の17本 1本目)

を行いました。


その後、2つのグループで合流し、

④掛かり稽古

⑤呼吸動作

を行いました。


始めたばかりの方や体験での参加の方がいらっしゃったので、

受け身や足運びなどを細かく確認しました。

本日の合気道稽古(月曜日)

本日は、基本の17本の内、11本目、12本目を行いました。

手の取り方、足の運び方を確認しながら稽古を行いました。

特に、足運びは運足が生きてくるので、普段行っている

運足をしっかりおこなう事が重要です。

最後に呼吸動作を行いました。

本日の合気道稽古(日曜日)

本日は、経験者の方は姿勢に気をつけながら17本の技を

黒帯と白帯で組んで行いました。

初心者の方は後ろ受け身、後ろ回り受け身、前回り受け身

運足、構え方、1本目をゆっくり行いました。

その後、初心者の方はゴム短刀を捌き、経験者は

パンチを捌き(少し崩せる方は崩す)を行いました。

その後、初心者の方はパンチの捌き、経験者は

かかり稽古、最後に呼吸動作を行いました。

日曜日は参加人数が比較的多いので、色々な方と

組んでおこなうことができます。

稽古終了後は、皆さん気になる事を稽古されていました。

本日の合気道稽古(土曜日)

本日は、稽古参加者が少なかったので、

ほぼマンツーマンの稽古となりました。

基本の17本を構えからと、突きからを行いました。

姿勢や、間合い、体(目線)の向きを整えながら

稽古していきました。


本日、見学の方がいらっしゃいました。

楽しんでいただけたので何よりです。


今日の稽古では

①腕返し(7本目)
②引き倒し(8本目)
③掛かり稽古

を行いました。
腕返しは基本的な動きの確認を行い、応用として相手をうつ伏せに抑え込むためのコツをお伝えしました。
引き倒しも基本的な動きの確認後、引き込んだ後の潰す力をかける方向のポイントをお伝えしました。
掛かり稽古ではパンチに対して、取り(投げる側)が自由に技をかけます。さばくことを大事にしてもらいながら、覚えている技を自由に動く中でかけてもらいました。

本日の合気道稽古(月曜日)

本日は、11〜14本目迄!単独動作を行った後、

組んで、11〜13本目を行いました。

手の取り方と、足の使い方を連動させるように動きます。

手を使って技を掛けようとすると、足の動きが止まるので

しっかり足を使うことが大事です。

本日の合気道稽古(日曜日)

本日は、進度に合わせて稽古を行いました。

初心者の方は、後ろ受け身、前回り受け身、

構え方、構えからの1〜3本目を行いました。

経験者は、単独動作で、17本の構えからの動きを

左右行った後、組んで構えから行う方と、突きから

行う方と進度に合わせて行いました。

その後、初心者の方は捌きを、経験者の方は

掛かり稽古を行い、最後に呼吸動作を行いました。

稽古後は、皆さんご自分で気になるところを

稽古されていました。

本日の合気道稽古(土曜日)

本日は、基本17本の単独動作を左右で行った後

突きからの12〜17本目を行いました。

突きからなので、しっかり捌いてさら技に入ります。

技を掛ける時に、普段構えから技を掛ける時の間合い

を作りながら技を掛ける事が大事です。

その後、呼吸動作を行いました。


今日の稽古では

①後ろ当て

②押し倒し(基本の型6本目、片手持ち押し倒し(表裏))

③呼吸動作

を行いました。


手足の基本的な動かし方を確認し、

慣れた方には体やイメージの使い方も考えてもらいながら

練習しました。

審査日も4月に決まり、そこに向けて昇級、昇段を目指される方も

出てきましたので、それに向けた内容を詰めていきたいと思います。

本日の合気道稽古(月曜日)

本日は、基本17本の1,2本目を単独動作で動きながら、入る角度や

足の形、姿勢を整えながら行いました。

実際に相手がいると、相手に合わせて自分が崩れたり、技を掛けようとして

姿勢が崩れる事があるので、単独動作で技を体に馴染ませてから実際に

組んでお互いに掛け合いました。

次に、基本の6本目(押し倒し)を掴みから行いました。

その後、捌きの稽古として、上段、中段の突きを、それぞれ腕を回しながら

足捌きも入れて稽古しました。

最後に呼吸動作を行いました。

本日の合気道稽古(日曜日)

本日は、構えからの17本のを単独動作で左右行った後

12本目、13本目を行いました。形がある程度出来ていて

来たら、「目線と体の正面を合わせて動く」を体に

なじませるように稽古しました。

その後、掛かり稽古の前に、パンチの打ち方と捌きを

行いました。

掛かり稽古を行った後、呼吸動作を行いました。

稽古後は皆さん今日の稽古で気にやることを復習

されていました。

本日の合気道稽古(土曜日)

本日は、基本の17本を単独動作で左右それぞれ行った後、

5本目〜11本目まで、突きからの技を稽古しました。

突きを捌く時に自分の姿勢を崩さずに技の動きにはいれる

足捌きが大事になります。

足捌きは普段やっている運足、単独動作が大事になってきます。

今日の稽古では

①二教

②逆構え当て

③下段当て

を行いました。


二教は手の持ち方、関節のロックのさせ方から確認しています。

逆構え当て、下段当てについてはお互いに構えた状態で技に入る、

基本の型を行いました。

本日の合気道稽古(月曜日)

本日は祝日ですが、会員のみの自主稽古という形で行いました。

17本目を通して、「構え、間合い、残心」をしっかり行う

稽古を行いました。

本日の合気道稽古(日曜日)

本日は、基本17本の3本目(相構え当て)を構えから、突きから、

を行ないました。初めて間もない方もいらっしゃったので、

技を掛けきるというよりは、技に入る間合いを実感する

稽古を行ないました。

その後、掛かり稽古を行いました。

始めは黒帯と白帯、次に黒帯と黒帯で行いました。

最後に呼吸動作を行いました。

稽古後、皆さんそれぞれの課題を稽古されていました。

本日の合気道稽古(土曜日)

本日は、基本の17本の1〜4本目を、突きから技を掛ける稽古しました。

基本は、構えからなので、自分から相手に近づいて技を掛けますが、

突きの場合は、相手が近付いて来るので、それに対して構えの時と同じ

間合いを作ること、技を掛けようとして姿勢を崩さない

この2点に注意しながらお互い技を掛け合いました

その後、掛かり稽古、呼吸動作を行ないました。

本日の合気道稽古(日曜日)

本日は基本の17本の内、11〜17本目迄行ないました。

構えの腕の形を維持しながら技を行うようにお伝えしながら

稽古を行ないました。

その後、掛かり稽古(捌きの稽古)、呼吸動作を行ないました。

稽古後には、皆さん気になっているところを復習されていました。



本日の合気道稽古(土曜日)

本日は構えからの13本目(転回小手捻り)と14本目(四方投げ)

を行った後、崩しの上段、中段を行ないました。

崩しは、手首を掴んできた相手の体勢を崩す方法です。

上段は「釣り」を行うイメージです。

中段は相手を崩す時に、椅子に腰掛けるイメージを使います。

その後、掴みに来たところを崩す稽古を行ないました。
今日の稽古では

突き(パンチ)に対しての17本

を行いました。

17本を一通り行い、大まかなポイントを確認しました。
具体的に例をあげると、
お互いに構えあっている状況と
相手からパンチを打たれる状況では
間合いが大きく変わり、足の動かし方も
それに応じて変わることです。

これらがある程度、スムーズにできるようになると
掛かり稽古もスムーズに取り組みやすくなるので、
近々、掛かり稽古も行いたいと思っています。

今日の合気道稽古(土曜日)

今日の稽古では捌き、パンチに対する小手返しを行いました。

パンチは間合いも近め、モーションも小さい形を想定し、
護身術に近い形で稽古を行いました。
具体的な内容としては、
捌きの足運び→パンチの捕まえ方→小手返しと
段階を踏んで投げるまでを確認、練習しています。



本日は、基本17本の1本目(正面当て)と、2本目(相構え当て)

を行いました。

構えから行う時は、自分から近付いて間合いを調整出来ますが、

突きからの形を行う時は相手が近づいて来るので、上手く間合いを調整し

構えからと同じ間合いにすると、技が掛けやすくなります。

また、体が突っ込んだり腕で押すと体勢が崩れてしまうので、姿勢に

気をつけながら行ないます。

本日の合気道稽古(月曜日)

本日は、基本の17本から、8、9本目を行ないました。

8本目「は引き倒し」という技名ですが、腕で引っ張るというより、

足捌きを使って下がる時に、相手の腕でを返しながら

刀を振るようにおろします。

とにかく形を繰り返し行ないながら、動きを身に着ける稽古となります。

9本目は「腕絡み」という技名ですが、絡めに行くのが早すぎると、

自分の姿勢が崩れてしまうので、そこに注意しながらおこないました。

最後に呼吸動作を行いました。

本日の合気道稽古(日曜日)

本日は、短刀の捌きを行った後、16本目の崩し、12本目の崩し

を行ないました。12本目の崩しは転回を使って相手を崩す方法を

行ないました。転回する時は相手を意識し過ぎずに、自分の前を

見て行ないます。

その後、掴みからの押し倒しを、表、裏と行ないました。

更に、掛かり稽古を行ない、呼吸動作を最後に行ないました。

本日の合気道稽古(土曜日)

本日は基本の1〜6本目を構えから行った後、

6本目を掴まれてから、掴まれる瞬間に、突きから、

という、色々なパターンで行ないました。

基本の動きを元にして、相手の状態に合わせて

技を掛けることによって、基本の大切さを

感じてもらいました。

最後に呼吸動作を行ないました。

本日の合気道稽古(月曜日)

本日は基本の17本の1〜7本目までを行ないました。

その後、木刀の素振りを行ない、最後に呼吸動作を

行ないました。

本日の合気道稽古(日曜日)

本日は、17本の基本の内、1〜5本目を構えから行ないました。

その後、短刀の捌きを基本と、少し相手を崩すやり方

を行ないました。

更に、パンチの打ち方と捌き方を行ない、

その後、掛かり稽古、呼吸動作を行ないました。


本日の合気道稽古(土曜日)

本日の稽古は、17本の基本の形を1〜17まで行ないました。

今日は参加者が1名でしたので、マンツーマンでした。

細かいニュアンスをお伝えしながら稽古を行ないました。


今日の稽古では

①四方投げ(基本の型 14本目)
②片手持ち四方投げ(裏表)
③呼吸動作

を行いました。
手の取り方や足運びの確認を行いました。
片手持ち四方投げでは、片手を押さえられた状態で
力を抜いて一歩目が動けるかどうかも試してもらいました。

本日の合気道稽古(月曜日)

本日の月曜日稽古新年稽古始め。

一教運動(木刀)、イメージや脱力を中心に片手持ち二教を行いました。
どうしても手首をきめる事に集中してしまいますが、そうではなく脱力とイメージを使う事に集中する事が重要です。

他にはあまり稽古していませんが、杖の基本的に突きや打ち込みを行いました。
防犯上にも、非常に役に立ちますので、今後も引き続き稽古するようにしたいと思います。
DSC00021.JPG

本日の合気道稽古(日曜日)

本日も、日曜日の稽古始めということで、

ゆっくりとした稽古を行ないました。

木刀の素振りを行った後、振り上げ、振り下ろし

で体がぶれないようにお互い確認しながら行ないました。

その後、基本の16本目(隅落とし)を木刀の振り下ろしを

意識しながら行ないました。

その後、突きの捌きを行なった後、相手を

柔らかく崩す稽古を行ないました。

最後に呼吸動作を行ないました。

久しぶりの稽古で、感覚を取り戻しながらの

稽古となりました。

本日の合気道稽古(土曜日)

年が明けて本日が稽古始めとなります。

今年も、無理なく怪我無く稽古を行っていきます。

本日は、17本の基本の技から、1、2(当て技) 6、7(肘関節技) 12、14(手首捻り技) 16(呼吸技)を

行った後、呼吸動作を行いました。

久しぶりに体を動かすとイメージとのギャップが出てくるので、そこを確かめながら稽古していきました。


今日の稽古では

①短刀さばき
②小手返し(対 短刀、パンチ)

を行いました。
小手返しは投げたあとの押さえ込む動きに重きをおいて稽古しました。

今日は年内最終日、稽古納めでした。
会員の皆様のお陰でスムーズな稽古、充実した稽古ができました。
本当にありがとうございました。
新年は技の探求と共に、
"正しき心の探求"も皆様と一緒にしていきたいと思います。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。
よいお年を!!(高木)

本日の合気道稽古(日曜日)

本日は、17本の1〜5本目を突きからの形で行った後、

短刀の捌きから16本目の形を行ないました。

その後、掛かり稽古、呼吸動作を行ないました、

稽古後に、木刀の素振り、杖の素振りを行ないました。

本日の合気道稽古(土曜日)

本日は、基本の17本のを突きからで行ないました。

いつもは構えからなので、自分から近づいて行くのですが、

突きからの場合は相手が近づいて来るので、捌きながら

間合いを作るところから始まります。

相手が動いているので、急いで動かないように気をつけながら

技を行ないます。

カテゴリ

  • 道場案内
  • 道場理念
  • 館長紹介
  • 指導員紹介
  • 愛気道の技
  • コース案内
  • 入会案内
  • 稽古日程

一心館愛気道ブログ

道場生の声

気づきブログ

 

一心館 愛気道 (日野市)
弊社は一切の営業メールをお断りしております。
〒191-0034 東京都日野市落川1105
京王線百草園より徒歩3分
※お車でお越しの際は、近隣にございます
コインパーキングをご利用ください。
※無料見学/無料体験をご希望の方は、
メールもしくは直接道場までお越し下さい。


大きな地図で見る